スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9ヶ月待ち!?(卵巣嚢腫編)

7月3日 検査結果を聞きに。

10:30枠の予約だったのに、相変わらず激混みの婦人科。
番号を呼ばれたのは13:00ちょい前でした

待っている間は、悪いことを言われたら・・・と時に心臓バクバク
いやいや、これまでドックの先生合わせて3人の医師から「悪いものではない」という風なコメントをいただいているんだから、大丈夫さと自分を慰め、心を落ち着かせ・・・してました。

診察室に入ると、私の「どよよ~ん」な様子を見て

「悪いもんじゃないから~

と先生。その一言で、本当に大丈夫そうだ。という気持ちになれました。
(しかし、まだ確定ではない

そして、MRI画像を見ながら説明を聞き、腹部エコーの診断結果を確認。
腫瘍マーカーの値も確認。

腹部エコー検査者の診断では、「充実性部分を伴う」とのコメントに一瞬ドキっとするも、体位変換で可動性が認められ、ドプラで血流シグナル(-)だったのでホッ
皮様嚢腫を疑うとありました。

腫瘍マーカーは
CA125 36.7 で参照値より少しオーバー。(内膜症だからある程度数値が高くても大丈夫だろうと思っていました。)
CAI9-9 4.2 を含むその他はすべて参照値以下。

これで更にホッ
姉の場合はCA125が400あったそうです。


主治医はMRI画像からやはり「皮様嚢腫ではなくて、チョコレート嚢腫だろう。」と。

で、「どうする?」

と聞かれたので

「とります!」

と即答。

「手術は来年3月なのよ。」

と言われ、やっぱりそうか・・・・・初診の時に一応待ち期間を聞いていて、その通りでした。

しかーーーーし
超ネガティブUCママは、初診からの1カ月間、未読が無くなるほど様々なキーワードでネットを検索。
そこで見つけたのです。近所の総合病院にこの大学病院の医師が腹腔鏡手術バックアップに行っていることを

恐る恐る聞いてみた。
「先生・・・ここの先生、○○病院に行ってますよね

「おっ。それいいねー

で、丁度別の診察室にバックアップに行ってる先生が居たので(UCママはそれも調査済)先生が聞きに行ってくださった。

「いい?」

「いいよ。」

とのやり取り。そして、バックアップ先生がこちらの診察室を覗いてくれたので

「宜しくお願いします

と挨拶すると

「9月か10月に手術入れてくれると思うよ

「よっしゃーーーー(心の声)」

これで、9か月待ちが3カ月待ちになったのでした。
正直、我ながらでかしたと思いました。
○○病院の方が自宅から近いし!

手術待ちで心細くなっている方は、是非こんな探し方もしてみてください。
同じ病院の先生が執刀するのに、6か月も待ち期間を短縮できるケースがあるのです


しかし、まぁ、もしかしたら最初から○○病院に行けばもっと検査から結果を聞くまで時間短縮できたかもという反省もあります。でも、最初に思いつく大きな病院といったらUC見つけてくれたこの大学病院なんだもんなぁ~

続く
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Profile

リサガス

Author:リサガス
2006年2月にUCと診断されました。一度緩解するも、5ヶ月後に再燃し半年以上グズグズ状態が続いていましたが、2007年3月から服用開始した広島漢方のお陰で同年8月にはまた発症前の状態まで回復!今は食事制限も全く無く元気に子育てしながら過ごしています♪

Categories
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
占い
LINKS
SHOPPING







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。