スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビックリ事件~医者失格~

実は今日、姉が事情があって某大学病院で大腸のバリウム検査を受けました。
「どんな様子だったかな~」と電話をしてみると、信じられないことを聞きました。

若い男性医師が、バリウムを入れるべき「穴」を間違えたと
「へそんなもん、医者じゃなくても入れる穴間違えないだろう・・・。」

もうビックリしました。検査後、姉は婦人科で洗浄したらしいですが・・・・・・
こんなことあり得るのでしょうか~
いっくら考えてもナゾは解けません
スポンサーサイト

Comment

No title

ヒ・ド・イ・・・
信じられません。
そんな人が医者として検査してるなんて。

若い医者っていっても間違えるって問題じゃないですよね。
いくら経験がなくても研修くらいしてるだろうに。

お姉さんが大事にならなくてよかったですね。

患者の側から医者を選ぶのは難しいですから、どう注意すればいいのやら。

オモネコさん

ほんと、信じられない話ですよね!でも、ブログ更新した後ちょっとネットで調べたら他にも同じ被害者がいるんですよね。これまたビックリです。

医者選び・・こんなことがあるといい医師のところに患者がクチコミで集まるのもわかりますね。

マジ!

まるでお笑いのネタですね。
でも立派な医療ミス、しかも初歩中の初歩。
とりあえず大事に至らなくてよかったと思うしかないよ。(慰謝料とれるんじゃない)
先日、富山の立山方面にに行ってきました、漢方のお蔭でトイレも気にせずに過ごせました。(それでも念のためとかでトイレにいっちゃうんだよね?リサガスさんはその辺どうですか?)
一昨年の北海道旅行ではせっかくのご馳走も食べれずトイレばっか気にしてたことを思い出しました。

よしさん

ほんと、『医師のこんな初歩ミスあるんだーーーー。』と感じた事件でしたよ。。。

トイレを気にしない遠出ができたんですね!!良かったですね~♪
私もそんな段階踏みましたよ。
そして、徐々にできることや食べられるものの範囲を広げていきました。
今は薄れてしまったのですが、やはり普通の生活に戻れた当初は感激しました!

焦らず、ゆっくり前に進んでいってくださいね。
非公開コメント

Profile

リサガス

Author:リサガス
2006年2月にUCと診断されました。一度緩解するも、5ヶ月後に再燃し半年以上グズグズ状態が続いていましたが、2007年3月から服用開始した広島漢方のお陰で同年8月にはまた発症前の状態まで回復!今は食事制限も全く無く元気に子育てしながら過ごしています♪

Categories
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
占い
LINKS
SHOPPING







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。